忍者ブログ

劇団阿佐ヶ谷南南京小僧(げきだんあさがやみなみなんきんこぞう)の劇団員による、リレーブログ。 コメントお気軽にどうぞっ!

劇団阿佐ヶ谷南南京小僧のホームページはこちら

2017'12.14.Thu

[PR] /

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2008'08.30.Sat

 /飯野邦彦

天候よろしくありまへんな〜
というわけで蒸し暑さに蒸され、
ムレている飯野です(-_-;)

そんなムレムレの日々に
お尻より出血大サービスも加わり
女性用生理ナプキンのムレムレも加算され
とろけてまんな〜
女性の苦労を
身に染みて感じます
世の男ども
女性に
やさしくたれ!
(かなり生理用品に詳しい男からの格言より)

ちなみに
この痔
そう、以前、劇団に物議を呼んだ

わたしのは痛みと出血がひどいけど
ほっとくしかない!
つうものでした、とほほ。
なのに、
「命に別条ないし
良かったね(^O^)v」(わたしを恥ずかし固めで押さえ付け
わたしのヴァージンを奪った医者の談)ですって!!
つうか痛いだけで十分よくないわい!
その言い草は
まだなにも知らない生娘をたぶらかし
もて遊んだ後に
「なんだぁ、初めてだったんだぁ」(タバコ付き)
でいう男と同じだよ!
しっかりあたいと向き合ってよ!
(ここで格言に戻る)
なんか、なぞのめまい病もあるし
散々!サンタ!(語呂)
のようでいて
ちと楽しくねぇ?
ナプキンってなんだよ、俺!
うへへ
成人用オムツにしろよ、俺!
未知なり、未知なり〜

つうことで
ぜひ怪我・病気自慢大会(パチパチ)
で、この夏を締めくくりたく存じますm(_ _)m
さあ、どしどし自慢せよ!
小さなことを
さも大層に(笑)!

写真は人造人間です。
福心でひそかに製作されています(嘘)
店の人ににらまれてピンボケ〜

飯野邦彦

PR
Post your Comment
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
人造人間?
何?
なんなのこれは?
ピンぼけではっきりしない分、余計恐い。
なに〜?ホントに人?
ヨネ豆クラ: 2008.08/31(Sun) 18:48 Edit
無題
やばいですよいろんないみで~
ちっぽん又は一子: 2008.09/01(Mon) 16:59 Edit
まったく
なにがなんだか写真みえない!
メリルリン子: 2008.09/05(Fri) 00:18 Edit
trackback
この記事のトラックバックURL:
[374] [373] [372] [370] [369] [368] [367] [366] [364] [363] [362
≪  BackHOME : Next ≫
ご来場ありがとうございました!
「劇団阿佐ヶ谷南南京小僧が阿佐ヶ谷を飛び出して、劇団南京小僧と名のって 第二回したまち演劇祭に参加する公演」
「隅田川の温度」
~謡曲「隅田川」より~
隅田川の温度
時●9月16日(金)~19日(月・祝)
於●浅草花やしき(花やしき座)

→詳しくはこちら
最新コメント
[05/13 backlink service]
[11/23 uggs clearance]
[11/23 uggs clearance]
[11/23 Canada Goose]
[09/24 ちっぽん]
ブログ内検索
電子郵便通信
メルマガ配信中!2週間に一回位お届けしますよ。
登録はこちら→
過去の公演チラシ

クリックすると南京小僧HPの公演記録のページがでます。


第8回 杉並演劇祭参加作品
すぎなみ文化芸術活動助成基金助成対象事業
「フランケンシュタインの婚活」)
時●2011年2月26日~3月1日
於●ザムザ阿佐谷

ラ・ムーの一族

ラ・ムーの一族
於●高円寺明石スタジオ
時●2010年3月11~14日
荒野のようしんぼー

荒野のようしんぼー
於●高円寺明石スタジオ
時●2009年7月17日~20日
赤穂浪士にも三分の魂

赤穂浪士にも三分の魂
於●新宿・ゴールデン街劇場
時●2007年12月1日~9日
何んにも伊右衛ん門

何んにも伊右衛ん門
於●新宿・ゴールデン街劇場
時●2007年8月17~23日
黄金街の首縊りの家

黄金街の首縊りの家
於●新宿・ゴールデン街劇場
時●2006年8月26日~9月2日
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

南京ブログ wrote all articles.
Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP  

線
忍者ブログ[PR]